モグワン 原材料

【モグワンの栄養は大丈夫?】モグワンの原材料や成分の効果を分析!

 

モグワンは栄養価が高いと口コミ評判が高いプレミアムフードです。

 

どんな原材料や成分が含まれていて、それぞれどんなふうに愛犬の健康に役立つと考えられているかが気になりますし、できるだけ詳しく知りたいところですね。

 

総合栄養食とされている以上、モグワンだけを与えることになりますから、愛犬をしっかりケアするだけの栄養が含まれていなければならないはずです。

 

これを徹底的に調べてみましょう!

 

モグワンにはこれだけの原材料が使われている!

 

まずモグワンにはこれだけのものが入っています。

 

チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥、サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガンー水和物、硫酸銅(||)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌

 

肉や魚、フルーツや野菜、ハーブなどが多く使われていることが分かります。

 

主な食材がどういった働きをすると考えられて、モグワンの原材料として使われているか、チェックしていきます。

 

モグワンの主原料は動物性タンパク質のチキン

 

主原料のひとつであるチキンは、犬の嗜好性が高い肉のひとつです。

 

チキンは脂質が低いことで知られています。高脂肪になりにくい肉ということですね。セレンやビタミンを含んでいます。

 

チキンに含まれる栄養素のひとつ、セレンは、タンパク質に組み込まれることで、セレノプロティンとしての働きをします。セレノプロティンはビタミンEやビタミンCと結びつくことで体を守る働きをすると考えられています。

 

チキンはビタミンAを多く含み、豚肉や牛肉の10倍ともいわれて、骨を発育させるのに良いとも考えられています。
また高タンパクである点が、筋肉や被毛、皮膚への好影響が期待されて、原材料として使われているのでしょう。

 

モグワンの動物性原料の中では、このチキンが一番多く含まれています。

 

モグワン原料の二番目はDHAやEPAを含むサーモン

 

動物性主原料で二番目に多く含まれているのがサーモンです。

 

サーモンの栄養素でよく知られているのが、DHAやEPAですね。この栄養素は体内ではほとんど作り出すことができない必須脂肪酸の一種です。魚の脂に多く含まれており、特に多いのが青魚です。

 

DHAは認知症や視力の低下などを予防する効果があると言われています。これはシニア犬に効果がありそうですね。またDHAの効果は子犬にも期待されていて、子犬の脳を発達させることにつながると考えられています。

 

EPAは血栓や高血圧を予防する、炎症を抑えるという効果があるため、シニア犬だけではなく、子犬や成犬のケアにも期待できそうです。

 

DHAやEPAは人の健康食品にも多く含まれていますが、これをしっかり摂取できるサーモンが、モグワンには主原料として含まれているといます。

 

だから特にシニア犬になっても良いと言われるのですね。

 

GI値の低いサツマイモや豆類もモグワンに

 

ドッグフードのつなぎには、よくジャガイモが使われています。ところがポテトアレルギーの犬は意外に多く、ポテトが入っているドッグフードが食べられないケースが見られます。

 

またジャガイモはGI値が高いため、食後の血糖値を急激に上昇させる働きがあります。血糖値が急に上がり、インスリンによって急に下がるため、常に空腹感があって食べ過ぎてしまったりすることで肥満につながりやすくなります。

 

それだけではなく、糖をため込んでしまうために、肥満になりやすくもなるんですね。

 

モグワンには、つなぎかどうか不明ですが、GI値の低いサツマイモや豆が多く使われています。

 

唯一、高GIであるカボチャが使われていますが、原材料の量はかなり少ないので、中心的に使われているのではなく、補助的に使われているとして、あまり影響はないと考えていいのではないでしょうか。

 

「うちの犬はガリガリに痩せているからブクブクに太らせたいの!」という場合には高GIもおすすめできますが、低脂肪低カロリーのモグワンは、むしろ体重を理想的な数値に安定させる働きがあり、それは低GIの食材を多く使うことにも表れています。

 

犬が肥満になることを食材で心配されている場合は、GI値の面で、ひとつ安心材料が増えますね。

 

消化促進などの効果があるアルファルファ

アルファルファとはよく聞くものの、実際にはどういう効果があるのかあまりよく分からないですよね。

 

中央アジアを原産とするマメ科の多年草で、消化促進や食欲不振に効果があるそうです。モグワンにはとても栄養価が高い植物が入っていたのですね。

 

そしてアルファルファは、栄養価が高いことから疲労回復にも向いているということです。

 

また血中コレステロールを減少させるため、糖尿病のリスクを減らしてくれる、これは特にシニア犬に嬉しいメリットといえますね。

 

ココナッツオイルはエネルギーに還元される

EPAやDHAは不飽和脂肪酸で、ココナッツオイルは飽和脂肪酸です。

 

ココナッツオイルに含まれる飽和脂肪酸はエネルギー源として活用される「中鎖脂肪酸」に分類されます。

 

これは消化吸収能力に優れていて速やかに消化されるため体内に残りにくく、肥満にはつながりにくいという特徴があります。

 

すぐにエネルギー源になることから、逆にダイエットに効果的ともいえますね。

 

またココナッツオイルには腸内の免疫力を高めて腸内環境を整えるラウリン酸が含まれているので、デトックス作用も期待できると考えられています。

 

モグワンの中に豊富に含まれる野菜と果物・ハーブ

 

モグワンに含まれるリンゴに期待される効果

人にも好まれるリンゴには、ビタミンBの一種であるナイアシンや、食物繊維であるペクチンが豊富に含まれています。ペクチンがヒスタミンの過剰分泌を抑えるという効果が研究結果に出ており、アレルギーに対する効果があると言われています。

 

ペクチンの働きは、悪玉コレステロール値を下げて、善玉コレステロール値を上げることが分かっています。そのことからリンゴには心臓病や脳卒中の予防効果が期待されています。

 

またリンゴに特に多く含まれている栄養素は、ポリフェノールです。ポリフェノールには抗酸化作用があり、老化を防止して生活習慣病やガンの予防にもなると考えられています。

 

モグワンに含まれるバナナに期待される効果

バナナにはリンゴと同じポリフェノールや、カリウム、オリゴ糖が含まれています。

 

バナナに含まれるカリウムは、動脈硬化や高血圧の予防という、免疫力効果があると言われています。つまり病気にかかりにくい体質を作ることができると考えられますね。

 

バナナには多くの糖質が含まれていますが、これはしっかりしたエネルギー源になります。これが含まれたモグワンを食べることで、スタミナのもとになります。

 

糖質の中で、人にもよく使われるオリゴ糖ですが、これは他の糖類に比べ、消化されにくいという性質を持ちます。そういった性質から善玉菌と結びついて腸まで届きます。つまり腸内環境を整えてくれる働きがあるのです。便秘気味の犬に、その効果を期待したいところですね。

 

モグワンに含まれるカボチャに期待される効果

カボチャはカロテンやビタミンB群を多く含む野菜です。 またモグワンには西洋カボチャが使われていると思いますが、西洋カボチャはビタミンCも豊富に含んでいます。

 

カロテンは体内でビタミンAに変換されます。そのことで視力が落ちないように維持されたり、皮膚や粘膜の健康を保ったりする働きがあるといわれています。

 

またカボチャにはカリウムが多く含まれていて、これは塩分を排泄し、高血圧を予防します。

 

ビタミンを多く含むカボチャですが、ビタミンCとビタミンEは抗酸化ビタミンと呼ばれ、老化予防効果があるといわれます。

 

ややGI値が高い点は気になるカボチャですが、帳消しにしてしまうほど高い栄養価を含んでいます。これがモグワンに入っていることで、愛犬のケアに優れた効果を発揮してもらえることを期待したいところです。

 

モグワンに含まれるハーブに期待される効果

モグワンにはカモミールやセイヨウタンポポというハーブが含まれています。

 

まずカモミールには抗炎症効果や、粘膜を保護する働きがあると考えられています。そのため消化器を優しく守るとされて、胃腸の不調を穏やかに回復させるという考えのもとに利用されています。

 

セイヨウタンポポには食物繊維が含まれていることから、便秘解消やデトックス効果が期待されて利用されています。

 

ハーブの即効性は実証されてはいませんが、多くのハーブは体を温めるなど穏やかな効能があると考えられています。愛犬が口にするモグワンに入っていることで、特に不安がある材料ではありません。

 

モグワンに添加されている栄養成分の効果は?

 

グルコサミンとコンドロイチンの効果

グルコサミンやコンドロイチンは、人の健康食品にもよく使われていますね。

 

関節と関節の間でクッションの役割を果たしているのが軟骨ですが、その軟骨を構成する成分のひとつに、グルコサミンがあります。

 

老化することや関節に大きな負担がかかることで、軟骨が擦り減ってしまい、愛犬も痛みが起きて歩きにくくなることがありますね。そのときに、このグルコサミンを補給してやることで効果があると考えられています。

 

グルコサミンの効果として、軟骨の修復をしたり、再生を促したり、炎症を抑えたりということがあります。モグワンにグルコサミンが入っていることで、愛犬が感じている関節の痛みを和らげる効果があるとされています。

 

そしてコンドロイチンは各臓器に存在することで、軟骨や骨に弾力性を与える働きをしています。特に軟骨に存在しているコンドロイチンは、グルコサミンから作られることで、強い結びつきがあります。

 

すり減った軟骨に弾力性を与えることで、愛犬の関節疾患や足腰の痛みを緩和するといわれます。

 

グルコサミンとコンドロイチンは、同時に使われると効果的とされているので、モグワンにはどちらも入っています。

 

MSM(メチルスルフォニルメタン)の効果

脊椎動物には食事から供給される硫黄が不可欠ですが、その供給源として注目されるようになったのがMSM(メチルスルフォニルメタン)です。

 

関節痛や筋肉痛の緩和や、炎症抑制の効果があります。

 

モグワンに含まれていることによって、特に成犬からシニア犬にかけて加齢に伴い増えてくる足腰の痛みなどに効果があると思われますね。

 

乳酸菌の効果

人の健康食品に使われる栄養成分でも、特にポピュラーなものが乳酸菌といえるでしょう。

 

乳酸菌の大きな働きとして、腸内環境を整えることがあります。

 

また乳酸菌の中には免疫力を高めると考えられているものがあるのですが、免疫細胞の多くが腸内に存在しているため、乳酸菌が腸でその活動をすることを考えると、大きくプラスになると感じられますね。

 

そして乳酸菌にはコレステロール値を低くする働きがあるとも考えられています。このことで高血圧や心臓病など生活習慣病の予防にも役立つため、特にシニア犬には良い働きをしそうです。

 

モグワンの保証成分をチェック!

粗タンパク質 28%
脂質 12%
粗繊維 3%
粗灰分 8%
水分 8%
オメガ6 1.63%
オメガ3 1.29%
エネルギー(100gあたり) 約344kcal

 

モグワンに含まれている栄養価は上のとおりです。

 

オメガ3とオメガ6は必須脂肪酸のうち不飽和脂肪酸であり、体内で作り出せないために良質の油を使って添加をしています。含まれているほうがよりよいドッグフードであると考えられています。

 

モグワンが他のドッグフードに比べて優れているという理由は、タンパク質の高さと脂肪やカロリーの低さにあります。

 

体重などによって変わりますが、健康で一般的な犬の場合、以下の数値を目安でドッグフードを選ぶのがよいとされています。

 

粗タンパク質 25%以上(38〜40%を超えないほうがいい)
粗脂肪 12〜18%
粗繊維 3〜6%
粗灰分 5〜10%
水分 8〜10%

 

比較してみると、モグワンは理想的な数値を示していますね。

 

カロリーはドッグフードにより大きな差があるので、この表に組み入れてはいませんが、成犬やシニアの場合は360kcalを大きく超えないほうがよく、子犬は個体差があるものの、カロリーが高いほうがいいとされます。

 

モグワンの栄養価は原材料も成分も安心

 

モグワンは比較的低脂肪低カロリーなので、日常的に激しい運動をしない、室内で飼育される一般的な犬に向いたドッグフードと考えていいでしょう。

 

その上でタンパク質は高く、原材料は多くの栄養素に恵まれていて、愛犬のケアを考えた内容と感じられます。

 

モグワンの栄養価は十分といえますが、実は生後4ヶ月未満の子犬には栄養が不足しています。

 

公式に電話で聞いてみたところ、生後3ケ月以下の子犬に与えてはいけない理由のひとつが、高い栄養素を必要とするその時期の子犬には、モグワンの栄養では不足しているからということです。 
⇒ モグワンは何ヶ月から?

 

それ以上に育った子犬や成犬、そして特にシニア犬には安心できる成分が含まれ、栄養価の高いドッグフードです。

 

 

page top