モグワン 安全性

【モグワンの安全性は本当に大丈夫?】実は添加物が入っている・・・

 

モグワンは無添加ドッグフードといわれていますね。でも実はモグワンは100%無添加ではありません。

 

実は無添加というのは、法律で定められた定義がなく一般的には以下のような意味で使われています。

 

それらが本当に安全なのか、チェックしていきましょう。

 

モグワンに入っている添加物とは

 

モグワンの原材料と成分はこのようになっています。

 

チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥、サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガンー水和物、硫酸銅(||)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌

 

赤字になっている部分が、モグワンに含まれる、いわば「添加物」となります。

 

ビタミンやミネラル、グルコサミンやコンドロイチンというサプリ類ですね。

 

無添加の定義があいまいなので、これで無添加と言っても問題はないのですが、モグワンは100%無添加とはいえないのです。

 

ではこのサプリ類は、愛犬に有害な人工添加物に属するもので、入っていないほうが良いのでしょうか?

 

モグワンの安全性が少し気になりますね。

 

モグワンのサプリは人間にも使われるレベル

ここで少しモグワンの原材料に触れますが、モグワンはすべて「ヒューマングレード」というレベルの素材を使っています。

 

これは人が食べても大丈夫な質の素材という意味です。

 

原材料である肉や魚、野菜や果物が、捨てられるような低品質のものではなく、そのまま人の食卓に乗せてもいい良質のものを使って、モグワンを作っているのです。

 

これはビタミンやミネラル、グルコサミンやコンドロイチンにも該当します。

 

人のサプリとして使われる安全性の高いものが、モグワンに使われています。

 

犬に有害なサプリではないことが分かり、その安全性については安心できますね!

 

サプリを添加している理由

 

ドッグフードを作るときには、まず加熱処理が行われます。

 

このときに食材である野菜や果物の栄養成分は、自然のままというわけにはいかず、熱によって破壊されてしまいます。

 

ビタミンなどが特に熱に弱く、壊れてしまいやすいことは、ご存知の方も多いかもしれませんね。

 

また使われている食材のビタミンやミネラルは、年間を通じて一定なわけではありません。

 

旬かそうでないかだけでも、栄養価は変わってきます。

 

熱処理や食材の中の栄養価の違いで、ビタミンやミネラルの質量が変動し、犬に十分な栄養素が届かないことを避けるために、モグワンにはビタミンやミネラルが添加されているのです。

 

つまり犬が安定して栄養素を摂取できるように考えられているということですね。

 

むしろ犬のためには安心です。

 

グルコサミンやコンドロイチンは、モグワンがシニア犬をケアするのに力を入れているために入れているサプリです。

 

足腰や関節が弱ってくるシニア犬のサポートをするために、安全性の高いグルコサミンやコンドロイチンが入っています。

 

シニア犬まで使えるというドッグフードの中でも、こういった成分が入っていることは、逆に安心できると考えられます。

 

合成人工添加物は入っていない

 

ではモグワンには危険な添加物は入っていないのでしょうか。

 

この点は安心です。

 

モグワンには人工的な香料・着色料・保存料という、化学的に作られた合成人工添加物は、まったく入っていません。

 

モグワンは匂いがやや強めのドッグフードですが、これは肉や魚の自然な匂いで、濃い色も原料をそのまま使っていることが理由で、人工的な匂いも色もまったくついていません。

 

また人工的な保存料が使われていないので、使われているドッグフードに比べて賞味期限が短めになっています。

 

酸化を防ぐことは必要なので、最低限の天然酸化防止剤として、ミックストコフェロール(ビタミンE)が使われています。

 

この成分は人間の飲料にもごく一般的に使われていて、安全性が高いものです。

 

ミックストコフェロールには強い保存力がないため、開封後は3ヶ月以内に消費する必要があります。⇒モグワンの保存方法はこちら

 

保存力が強いことは、毒性が強いことにつながるので、長期保存できないモグワンは安全性が高いことがわかります。

 

このようにモグワンには、危険といわれるレベルでの人工添加物は、一切入っていないのです。

 

サプリは入っていても安全性は高いモグワン

 

このようにモグワンは100%無添加とはいえませんが、入っているのは犬が摂取する必要がある栄養素の、ビタミンやミネラルです。

 

むしろそれが安定して犬の体内に摂り入れられないことのほうが問題との考えで、モグワンにはビタミンやミネラルが添加されています。

 

そしてそれは人間が口にしても問題がない安全性の高いものです。

 

モグワンはヒューマングレード、つまり人間が食べられる素材を使うことを徹底しています。

 

そのため添加しているビタミンやミネラルの安全性にも不安はなく、安心してモグワンを愛犬に与えることができます。

 

化学合成された人工添加物が入っていないことでも、さらに安全性は高いと感じられますね。

 

 

 

 

 

 

 

page top