モグワン 生後3ヶ月

モグワンは何ヶ月から?生後3ヶ月の子犬はダメ?販売会社に聞いてみた

 

モグワンを使いたいと考えはしたものの、ふと見ると生後4ヶ月以上になっている・・・・生後3ヶ月以下の子犬には使えないの?

 

モグワンは生後3ヶ月以下の子犬には使えないのか、気になってしまいますよね。

 

何ヶ月から使えるのか、4ヶ月以上とされている理由などを販売会社のレティシアンに電話で聞いてみました。

モグワンを生後4ヶ月からと公式ですすめている理由

 

レティシアンによると、消化器官の発達、モグワンのカロリーというふたつの理由から、モグワンを生後4ヶ月からとしてすすめているようです。

 

生後3ヶ月以下ではサーモンがお腹に合わない子犬がいるため

 

モグワンにはサーモンが使われています。

 

このサーモンはとても栄養がある食材です。

 

ところがこのサーモンが、生後3ヶ月以下では、お腹に合わないワンちゃんが多いそうです。

 

その時期の子犬はまだ消化器官がしっかりと発達していません。

 

ドッグフードもふやかして与えている月齢です。

 

その時期にサーモンが入ったモグワンを食べることで、お腹を壊してしまう子がいます。

 

生後4ヶ月以降になれば、ドッグフードの与え方も変わってきます。

 

お湯でふやかしていたものを徐々にカリカリのドッグフードを混ぜて与えられるほど、消化器官も発達してきます。

 

生後4ヶ月以上ならお腹が丈夫になり、栄養の多いサーモンを上手に消化できるので、モグワンもOKということなんです。

 

モグワンは低月齢の子犬には少し低カロリー

 

もうひとつの理由はモグワンが少し低カロリーフードで、生後3ヶ月以下の子犬にはカロリーが足りないからということです。

 

子犬は生後3週間ほどから離乳期に入り、生後2〜3ヶ月までをふやかしたドッグフードなどの離乳食を与えられます。

 

その時期には高タンパク高カロリーを必要とします。

 

高ければ高いほど良い月齢にあたり、350kcalを切るカロリーは好ましくありません。

 

できれば380kcal以上が望ましいとされるほどです。

 

モグワンのカロリーは344kcalです。

 

低月齢である生後3ヶ月以下の子犬には、やや不足しているということです。

 

生後4ヶ月までは少しモグワンを与えるのを待って、サーモンが入っていない高カロリーフードを与えましょうね。

page top